teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:古川浩一  投稿日:2022年 4月19日(火)17時18分19秒
  こんなのも嫉妬なんだろうか。以下のいくつかの僕の書き込みに書き込まれたそんな現実があるのに、貧しい人は卑しいとか下々の皆さんとか安物はすぐ故障するとかガリ勉とか公言される。しかも日本の八百長社会主義で既成の企業に就職するしか日本の庶民には選択肢がないから一見さんお断りとか独占されてるし教師や教授や企業やらのやりたい放題だ。過労死者もでるし有給休暇も取れないし成果をあげてもそれにとうてい見合う報酬はもらえない。そのうえに千と千尋の神隠しのカオナシとかで日本はカネしか威張るものがないとか言われる。そんなふうに日本は自民党それを選挙で支える草の根封建親父その部下の官僚それとつながる財界に私物化されてる。しかもそのうえにそんな連中の祖先を美化する嘘の愛国歴史教育や嘘の安い歴史小説。こんな社会経済は卑劣じゃないだろうか。そこでアメリカ式資本主義ということになる。これなら起業とか転職とか庶民の選択肢も増えるしそんな連中のやりたい放題も弱まる。  
 

(無題)

 投稿者:古川浩一  投稿日:2022年 4月19日(火)16時19分45秒
  いじめの加害者を法的に罰することができるなら、教師はそのことを生徒たちに周知させるべきじゃないだろうか。いじめの加害者を法的に罰することができないのか。大学のローマ帝国史の講義で教授は歴代ローマ皇帝の肖像の写真からいくつかを見せて帝国が疲れてくると皇帝の顔も苦しくなってくると言った。確かに権力者政治家の顔はそんなものを反映するな。テレビで見てごらんよ。やっぱり大学の講義はそれなりのものはあるわ。三木清の思想を持ち出して戦前の日本が人類の目指すべき社会だというようなことを言う人があるが、そういう人は人権の尊重がなされた社会よりもあんな社会を選択すべきだと言うんだろうか。あの歴史教育歴史研究さえ客観的に考えて正当事実真実とは思えない社会を。華族など身分制度を復活させるつもりだろうか。どこの馬の骨とも分からぬど貧乏人が複雑な方程式や科学的メカニズムをあやつり積分の計算を暗算でしたりしてそんな人間が殴られたり怒鳴られたり嫌なこと言われたりして擦り切れるほど勉強させられて科学的発明発見で社会に大きく貢献している一方、華族の家系の人間でも小学中学の算数数学でおちこぼれたりしてる人間がいたりしないか。それでも華族で小学中学の数学で落ちこぼれたりする人間が社会的に身分が高いというような社会が正しいだろうか。そんな社会では真実な人類史研究、公正な歴史研究はできないと思う。そんな身分制度に都合のいい歴史観人類史とかをはびこらせてしまうだろう。まあ今でも嘘の愛国歴史教育や嘘の安い歴史小説やらが幅を利かしてるんだが。そんなのがみんなの言う本物なんだろうか。そんな庶民エリートが搾取されてる。  

(無題)

 投稿者:古川浩一  投稿日:2022年 4月19日(火)12時50分13秒
  いじめの加害者を法的に罰することができるなら、教師はそのことを生徒たちに周知させるべきじゃないだろうか。いじめの加害者を法的に罰することができるのか。  

(無題)

 投稿者:古川浩一  投稿日:2022年 4月19日(火)12時36分46秒
  と日記には書いておこう、か。繰り返すが戦国武将武士たちが美しい心の持ち主で英雄で無私の精神の持ち主なら戦争の現実から考えて戦争をしないし戦国時代も続かなかったろう。現代ではメディアなどで彼ら彼女らがずいぶん美化されて扱われるが戦国武将武士たちがエゴイストで我こそはという人間ばかりだったからこそ戦国時代は続いたんだろう。それと驚くべきことに戦国時代の経済的研究があまりなされてないそうだ。経済が分からなければ戦争はできない、経済的豊かさが軍事力にほとんど直結することを考えるとこれはどういうことだろうか。日本の歴史研究者たちはそんなに愚かだったんだろうか。だから歴史を理解するためにも資本主義の経済学でいいから分かる勘定の合う経済学を分かるように教えることが重要だ。資本主義経済は公共部門と私企業の集合体だ。だから会社の会計書類の読み方と会社法の基礎くらい高校生に教えるべきだ。そうやって経済がしっかりわかれば歴史が分かり、安い歴史小説や愛国歴史教育やらの嘘も分かるだろうに。多くの戦争の目的が経済的メリットを得ることだろうことから考えられるように。一見さんお断りか。近代世界システムだ。そのなかでの国際的権力闘争だ。それと今度のウクライナロシアのことも過去歴史上の戦争に当てはめて考えてみる。戦国時代の戦争までも。維新後の戦争でも。繰り返すがアメリカの第一次世界大戦参戦はロックフェラーが大損避けてか。戦争には最終目的があるはずだ。経済をわかるようには教えないことは上の連中に都合のいい現代日本のお手打ち総会株式持ち合いの八百長社会主義をばれないようにするとかの事情もあったろう。一見さんお断りか。今まで僕が書いてきたように。せこいこすい連中だ。そんなのは卑しいと思う。そんななかで一番搾取されてるのが庶民エリートだ。  

(無題)

 投稿者:古川浩一  投稿日:2022年 4月18日(月)20時10分31秒
  大学のローマ帝国史の講義で教授は歴代ローマ皇帝の肖像の写真からいくつかを見せて帝国が疲れてくると皇帝の顔も苦しくなってくると言った。確かに権力者政治家の顔はそんなものを反映するな。テレビで見てごらんよ。やっぱり大学の講義はそれなりのものはあるわ。  

(無題)

 投稿者:古川浩一  投稿日:2022年 4月18日(月)18時20分49秒
  武士や貴族、天皇ジェントルマンやレディやらも利他的な動機で生きてきたわけではあるまい。それを暴力でごまかすためにいつも刀を持った。金閣や江戸城か。最高権力のもたらす優越感のもたらす態度のもたらす美か。それを蹴落とそうとする心が動く。それに対抗するための刀や暴力いつも持ちか。それで税を取る権威を持つ、か。猿山の猿の原理だな。  

(無題)

 投稿者:古川浩一  投稿日:2022年 4月18日(月)18時07分30秒
  いじめの現実から考えても歴史や歴史上の戦争やそれをめぐることが安い歴史小説みたいなわけないと思わないか。いじめの加害者を法的に罰する法律か。検索してごらんよ。政治の仕事なのに。いじめで死んだ人間がいる。いじめで殺人が行われてた行われてるのだ。他にも深刻な被害をいじめによって受けてる人間もいる。それでもいじめを法的に罰することはできないんだろうか。いじめられた人間が弁護士に相談はできないんだろうか。それができないんならいじめが原因で受けた心の傷を徹底的に叩く天皇制のマウント原理はおかしくないか。14秒で読むところを13.5秒で読めるからどんなわずかの嘘不自然も見逃さないとかさ。日本人は天皇によってマウントされてる。天皇制がマウントの原理になったりする。それが正しいことばかりを生んでるか。いろいろ。資本主義の経済学で考えたらこれらは違うのかな。神や精神的指導者やらはマウントを取られるわけにはいかない。だから昭和天皇に戦争責任がないというのはありえないのは法的にも明らかなのにそういう事実真実がどうあろうと、どうのこうの言って天皇を悪者にしない国民に対しても謝らせない、天皇がそんなふうに国民からマウントを取られるわけにはいかないのだ。だから昭和天皇をはじめ天皇はあれだけの目に国民を会わせた命令を出したのに謝らない。これが正しいことか。天皇はどう考えてるんだろう。それと天皇制には問題もないか。そんなやら歴史を偽る嘘で固めた歴史を広める人間もいる。罪の意識というのは善や理想にマウントを取られた状態だ。それに耐えられず酒に溺れたりする人間もいる。だからドストエフスキーの登場人物スタヴローギンは自殺したんだろう。ラスコーリニコフは自首したんだろう。僕は神を信じない俗物だという人間の中にもおごりのない人間はいる。そんな人間はどうのこうの言って善にマウントを取られてるのだ。だから善にマウントを取られることはよいときもある。だから非難の言葉に神をも畏れぬ所業だというのがある。武士道と言っても支えてるのは暴力と欲だ。彼ら彼女らはそれでマウントを取る。ドストエフスキーの小説に出てくる宗教者か。宗教者か。彼ら彼女らは神や仏に帰依し厳しい修行で深く自分に善をマウントを取らせてることも多かろう。彼ら彼女らの力として働くものががスタヴローギンを破滅させラスコーリニコフを悔い改めさせたんだろう。彼らのマウントを取って。美しいものを得るのに詩句で足りるか。ピアノもある。こういう試みを書いてみた。  

(無題)

 投稿者:古川浩一  投稿日:2022年 2月27日(日)20時53分27秒
  歴史観から靖国から鉄のトライアングルから自民党の田舎のおっさん政治はもう古いんじゃないかな。日本にとって。  

(無題)

 投稿者:古川浩一  投稿日:2022年 2月27日(日)12時29分53秒
  日本を私物化する八百長社会主義経済と鉄のトライアングルプラス草の根封建親父か。百性付き土地が富を生むメカニズムとそれにたかって高級有閑生活を送る人間、枕草子や源氏物語など平安王朝文学に見られるようなとその富をめぐって争う人間、武士も含めた。これで近代までの歴史は分からないかな。資本主義の経済学で考えたらこれらは違うのかな。現代でも富を生み出すもの、例えば科学的知性なんかとそれにたかって高級有閑生活を送る人間。そういう社会経済の仕組みを作って。俺も富にたかって生きてるんだけど。まあでも現代日本でひもじい思いをする人間が出るのもおかしいわな。それと嘘の愛国歴史教育やら安い歴史小説やら。日本史で習った税、租庸調やらか。あんなのやらで働かない天皇や貴族たちも食ってたんだな。高級有閑生活も送ってたんだな。和歌やら舟遊びやら。本物の歴史の現実か。貧窮問答歌か。資本主義の経済学で考えたらこれらは違うのかな。俺の書いてるようなことつつき合わせて勘定あってるだろう。そんなふうで整合性の取れた社会経済の全体像が描けるだろう。働かざるものが食って威張ってたんだ。まあそんなのは歴史の現実でありふれてるんだが。  

(無題)

 投稿者:古川浩一  投稿日:2022年 2月26日(土)17時48分19秒
  土地が富を生むメカニズムとそれをめぐる人間の動きを追うことが近代までの世界史を分かりやすくするように、富を生むものとそれをめぐる人間の作るわなとかを理解すると現代日本とかを理解しやすい。例えば科学的知性なんかも昔の土地なんかみたいに富を生む。それをめぐる人間の動き。資本主義の経済学で考えたらこれらは違うのかな。  

レンタル掲示板
/59